本文へスキップ

公益社団法人 大阪公共嘱託登記土地家屋調査士協会 ホームページ

トップページ > 業務内容 > 嘱託手続

嘱託手続

表示に関する登記制度とは

不動産登記制度は、不動産に関する物権の権利関係を公示し、取り引きの安全、円滑に資するための制度です。

この制度を維持するためには、権利の客体である不動産の物理的状況を正確に公示する必要があります。そこで、不動産登記法では、権利に関する登記とは別に、表示に関する登記の制度を設けています。

不動産の表示に関する登記には、建物の新築・増築・滅失、土地の地目変更の登記等の報告的登記と、建物の分割・区分・合併、土地の分筆・合筆の登記等の創設的・形成的登記とがあります。不動産の表示に関する登記は、権利に関する登記とは異なり、報告的登記については所有者にその申請義務が課せられています。

筆界確認書

土地家屋調査士の作成した、境界(筆界)確認書には事実証明が行われます。

地積測量図

登記嘱託書に添付される地積測量図には、作成者が署名、又は記名押印することとされています。これにより、登記嘱託の真正を担保すると共に、その結果に対する責任の所在を明確にしています。

バナースペース

公益社団法人大阪公共嘱託登記土地家屋調査士協会

〒540-0036
大阪市中央区船越町
1丁目3番6号
フレックス大手前ビル

TEL 06-6942-9251
FAX 06-6942-9252