本文へスキップ

公益社団法人 大阪公共嘱託登記土地家屋調査士協会 ホームページ

トップページ > 業務内容 > 地籍調査事業推進 > 地籍調査の作業工程

地籍調査の作業工程

A工程. 計画
mark地籍調査の実施計画及び作業規程を作成し、都道府県知事に届け出るとともに、地籍調査の実施に関する公示を行います。
B工程. 準備
mark地籍調査の実施にあたり、調査体制の確立、実施地域の事前調査、住民等への説明等必要な準備を行います。
C工程. 地籍図根三角測量
mark図根多角測量の基礎になる基準点(図根三角点)の設置を行います。都市3点/ku、農耕地2点/ku、山林1点/ku
D工程. 地籍図根多角測量
mark国家三角点及び図根三角点を基に図根多角点の設置を行います。
E工程. 一筆地調査
mark一筆ごとの土地について、所有者、所在、地番、地目及び境界を調べる工程です。境界の調査では、所有者の立会いのもとに土地の境界杭が打たれます。
F工程. 地籍細部測量
mark一筆地調査によって確認された筆界杭について、国家三角点や、C、D工程で設置した基準点を基に測量し、正確な座標値を求める工程です。
G工程. 地積測定
mark地籍測量の結果に基づいて、毎筆の土地の面積を測定する工程です。
H工程. 地籍図及び地籍簿の作成
mark一筆地調査、地籍測量及び地積測定の結果について、図面及び簿冊に取りまとめる工程です。

バナースペース

公益社団法人大阪公共嘱託登記土地家屋調査士協会

〒540-0036
大阪市中央区船越町
1丁目3番6号
フレックス大手前ビル

TEL 06-6942-9251
FAX 06-6942-9252